So-net無料ブログ作成

耐震診断 k邸 [耐震]

今週から天気が良く、しもやけも治るのではと、期待し、春が待ち遠しいUENO BROS兄です。

さて先週雪がちらつく寒い中、竣工昭和48年の物件についての耐震診断依頼により、基礎から天井裏、屋根、外壁などの建物劣化状況、主要部材のサイズ、金物取り付け状況、地盤、近隣状況等の調査に合わせて現況図面のための採寸などなど。くまなく調査を約半日強の時間を要して行いました。

BROS兄の方がBROS弟より若干の細身・・・・ということで・・・基礎下へは兄がもぐることになり、、、約1時間、暗くて狭い基礎内を徘徊しました。基礎下にもぐることは慣れているものの、入った瞬間に目に飛び込んできた蛇の抜け殻を見たときは少し心折れそうになりました(笑)

本日、国交省監修の耐震診断ソフトへのデータ入力を終え、現況の耐震診断報告書を作成しました。

・・・その結果も踏まえ、耐震補強方法について協議を重ね、内部壁補強と建物バランス壁補強の2種類の補強案の診断書を作成し、ご説明に伺いました。

IMG_0463.JPGIMG_0462.JPG

報告書は3部合わせてA4サイズで約40ページ弱。

説明に要した時間は約1時間半。。耐震診断の結果は後程。

------------リノベーション平屋---------

昭和45年竣工平屋建て住宅のリノベーション計画。

IMG_0447.JPG

プラン計画段階を経て、現在見積もり中。プランなど紹介していければと思います。

お楽しみに。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。