So-net無料ブログ作成
検索選択

より質の高いインテリアデザイン空間へ向けた新商材検討 [HOUSE]

 昨年12月に施行された低炭素建築物認定制度の説明会に少し前のことですが参加してきました。。BROS兄です。

今まで、断熱性能を熱損失係数(Q値)で表しておりましたが、今後はこの熱損失係数(Q値)で表現されなくなります。

それはこの新制度により、省エネ基準の見直しが行われたからです。


少し噛み砕いて説明すると今までのQ値(熱損失係数)では床面積あたりの性能評価でしたが今度は

UA値といって外皮平均熱貫流率を計算して使うことになります。壁面積あたりの性能評価になると

いうことです。そして一次エネルギー消費量も評価に加えられます。

これはCCFやエアコンなど冷暖房やLED照明、給湯、太陽光発電。などの省エネ設備の性能評価です。

このように書いても一般の方にはなんのこと?となるわけですが、今までと何が違うかというと、建物のボリュームなどにも対応した評価となり、より省エネ設備(CCFとかエコキュートとか)の評価が加わることでより現実的なエネルギー消費量の少ないという住宅が評価されるようになるというわけです。。

今まで使用していた評価を計算する算定プログラムというものも少しおかしなところがあったのですが・・・新しいプログラムになり、より評価が反映されるものになるようです。。(使ってみましたがすでにおかしなところもあるようですが・・・)

今まで使用していたQ値は、これからはあまりつかわれなくなるかもしれませんが、旧制度と併用して使うことになると思います。

毎年毎年制度も変わっているので、我々もお客様も大変なのですがこの新基準の計算に慣れて新しい制度、補助金、助成金などに活用していきたいと思います。

電気料金体系もこれからはどんどん変わってくると思います。

よりヒートポンプなどの技術を活用したCCFシステムなどにはこれからどんどん追い風になることでしょう。。

色々な改良、新機能も導入予定です。。皆さんご期待下さい。

 さて本年より新たに追加する商材など検討を急ぐ毎日ですが、キッチンや設備機器なども

新しい領域の導入に向け、インテリア空間デザインの質向上を求め、こちらも検討段階にはいりました。

 より質感豊かな素材を生活観のあるなかでも取り込めるように挑戦していきたいと思っています。

IMG_0134.JPG   IMG_0135.JPG


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ざっくりと1年掛かります! [お知らせ]

BROS兄です。

見学会を終え、慌ただしい毎日です。。

IMG_4204.JPG あっちいったりこっちいったり・・・年始の腰痛をそのまま引きずっているので

だましだまし動いてますが・・・本格的に完治を目指すべく、もう少し暖かくなると会社までウォーキングで

出社しようと思ってます!(言っちゃった!)

さてさて・・・

消費増税・・・見学会でも消費増税のことをご相談される方が多々いらっしゃいました。

すでにご存知の方がほとんどかと思いますが、2014年4月1日より消費税率が5%から8%に引き上げられます。

その1年半後の2015年10月には10%にと段階的に引き上げられていく訳です。(一応予定です)


私たちのような設計施工の注文住宅を手掛ける場合、おおよそですが現場の工期は平均4ヶ月強かかります。

出会いから土地調査、基本設計、実施設計、インテリア確定などの打合せ期間に約3ヶ月を要します。

請負契約の後、着工までの準備として、各種確認申請、ローン申請などに1〜2ヶ月間が必要です。

つまり、家づくりには9ヶ月〜10ヶ月・・・初期段階で土地探しが難航したり、大幅なプラン修正などがある場合もあり、

ざっくりと1年かかると思っていただくようにご説明しております。


この期間が長いのか短いのか・・・同業の工務店さんはわかりませんが、FC、ハウスメーカーなどとはちがい。

このスケジュールを短く、そして簡単に。。。とはいかないと思っています。


このざっくり1年という期間は、お客様と時間を共有する重要な期間であり、

注文住宅の特権というか、醍醐味というか、とても重要な期間だと思ってます。

しかし、消費増税というスケジュールがいよいよ目前となってきそうです。

今回の消費増税には、経過措置という方法が取られる予定です。 他にも減税措置が取られることも議題として上がっています。まずは経過措置を簡単にご説明します。

「契約」と「引渡し時期」で税率が変わる(経過措置)


[パターン1]

最初の期限は2013年の9月末。この日までに工事契約を締結された方は、引渡しの期限の制限なく、

掛かる消費税率は「5%」です。


[パターン2]

次の期限は同年の10月以降の契約の場合。

現行税率(5%)が適用される2014年3月末までのお引き渡しであれば現行税率5%適用です。

[パターン3]

2014年4月以降のお引渡しだと消費税率は8%となります。


増税のタイミングは非常に重要なことだと思います。充分考慮することが必要だと思いますが

スケジュールに惑わされることなく、ゆとりをもって家づくりをしていってもらいたいと思います。

国の施策に色々な増税緩和策が出てくると思いますのであわてず冷静に・・・です。

計画を立案する際にまずは建設予定地(土地)が重要です。現在も数件あちこちと土地探しをお手伝いしているわけなんですが、

ネットワーク、人脈、我々工務店などを有効に活用しながら慌てずに間違いの無い土地を購入していただきたいと思います。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

見学会御礼 [HOUSE]

BROS兄です。

1/13.14の完成見学会には、遠方からのご来場者など本当に多くの方に

ご来場いただきましてありがとうございました。

またお施主様には大切なお引渡し前の建物を使わせていただき感謝の気持ちでいっぱいです。

年始早々の見学会でしたが当社の家づくりのスタイルやCCFスタイルが徐々に口コミ(紹介)で

広がってきていることを実感した見学会となりました。

30〜40代の方々はもちろんですがご年配の方々やリノベーションを計画中の方々のご来場も

非常に多くお見かけいたしました。また3回目。4回目とご来場リピーターの方が非常に多く、

とても嬉しく思います・・・ハウスメーカーの方もちらほらいましたね(笑)CCFが気になるのかな。

混みあっていた時間が多く、応対が出来なかったりという方も沢山いらっしゃったと思います。

次回見学会(駐車場、近隣状況、スケジュールなど条件が揃った場合のみ開催していますので不定期です)

にも是非ご参加いただき、お話できればと思います。

 そして私達の考える家づくりのスタンス、デザインへの取り組み、コストパフォーマンス、温熱環境の重要性・・・

次回のOPEN HOUSEもご期待ください。再会できるのを楽しみにしております。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

見学会初日。。 [HOUSE]

BROS兄です。

初日の見学会。無事終了。

初日からほんとうに大勢の方にお越しいただきました。

CCFとか当社の家づくりのスタイルとか、色々と感じ取って

いただけたのかなと思います。

一番驚かれるポイントは、やはりCCFですね。。

螺旋階段とか吹き抜けなどのインテリアにも、もちろんご興味を持たれる方もいらっしゃいますが

全館空調&床下冷暖房システムの快適さということが、NO.1の注目度だと思います。

本日の設定温度は、18〜20℃。。部屋内は、正直暑いです。。大勢の方が来場されるので

出入が多いので一応稼働させてましたが、室内は概ね一定の温度を保ちます。

IMG_0006.JPG 

1階。2階それぞれのCCFリモコンが感知して室内温度を表示します。

お昼頃の19℃設定の際、室温は、21℃を表示しています。

その際のキッチン部分の床タイルの温度も写真を撮っておきました。

22℃です。

本来のタイルは非常に冷たい部分ですが・・・床下冷暖房なので快適です。

IMG_0003.JPG

壁・吹き抜けの天井も1℃内外の誤差です。完全なる温度のバリアフリーといえるでしょう。。

効率的に全館を空調している証明ですね。

明日も引き続き開催しております。皆さん是非ご覧ください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

オープンハウスご案内 [完成見学会]1/13.14 [HOUSE]

BROS兄です。

皆さん。明けましておめでとうございます。

本年も色々なことにチャレンジしていく所存です。

ブログもボチボチ更新ですが、よろしくお願い致します。

さて1/13.14は、完成見学会です。

ゼロエネルギー住宅+CCFスタイルの家です。

 2013.1.13.14openhouse.jpg

当日はエコで快適な全館空調&床下冷暖房システムも体感していただきます。

これから家づくりを考えている方、暑がり&寒がりの方、高気密・高断熱住宅にご興味のある方

全館空調システムを体感したい方。是非ご参加ください。

タイルの床でも「冷たっ」なんてこともなく、超快適です。

昨日の試運転では、設定温度20℃で、温すぎるくらいと表現しておきましょうか。。

トイレの中から、お風呂の中まで、ついでに納戸の中もホッカホカ・・・

全館空調&床下冷暖房システムの凄まじい快適性をこの冬体感するチャンスです。

設定温度が18~20℃で、いわゆるヒートポンプ技術の高性能エアコンの原理を応用しているシステムですから、

電気代も超オトクです。もったいないとか考える必要がないのがこのシステムの凄いところです。

IMG_0306.JPG メンテナンスも簡単です。。

まずは一度体感してみてください。必要でしたら色々とご説明します。 

CCFスタイルの仕組み。驚きの光熱費。価格。。ご興味のある方は、当日スタッフにお声かけください。

CCF搭載の家以外のデザイン住宅、リノベーション住宅も、色々と計画進行中です。

全館空調&床下冷暖房システム以外でもインテリアデザインにご興味のある方、いわゆるハウス、FC系の

ありふれた家づくり、規格製品的な家ではなく、自然素材と質感のある素材などを使用した家づくりにご興味のある方。

自分たちの予算に合わせた自分たちスタイルのある家を是非ご覧ください。

誰もが予算ある中でも、自分たちのちょっとした主張をしたいものです。

イメージしているものがありましたら是非ご相談ください。

IMG_0298.JPG IMG_0300.JPG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。