So-net無料ブログ作成
検索選択

無料のホームページ [お知らせ]

  BROS兄です。

 

  私たちのホームページはjimdoという無料で作成できるHPサイトを使用しています。

  誰でも手軽に、簡単に作成可能です。

 

  私たちが選んだ理由・・・それは費用無料。。自分たちで作成する手間はかかりますが、

  無料であれば・・・そんな気軽な気持ちで時間見つけては作り・・始めて2週間程度で

  完成です。気軽に更新も出来て自分たちで好きなデザインにもできて楽チンです。

 

  ただし簡単な作成サイトゆえに、かっこいいデザインにするにはセンスが必要です。

 

  そんな私たちのホームページ・・・WORKS更新しました。。

 

  hp.jpg

  よろしければご覧ください。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

住宅・建築物高効率エネルギー導入促進事業 [業界情報]

 

 蒸し暑い日が続きますが皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 昨晩は久々ゆっくりと自宅で休息できました。BROS兄です。

 

 というのも・・・・

 

  約2週間以上・・・多くの来客、打合わせなどの合間を見ては事務所にこもって

 

 机の上で黙々と粛々と作業をこなしてきた資料作り・・・

 

  昨日無事・・出荷、、あっいや・・・提出したからです。

 

  

 その名も・・・

 

 

  

    「住宅建築物高効率エネルギー導入促進補助事業 申込み

   

   2件分の申請です。各P.300はあろうかという膨大な資料・・・とりあえず無事完成です。 

 

   P6220001-1.jpg

 

   P6220002-2.jpg

   

 国の補助事業で、エネルギー削減に対する補助事業です。

 

 8月上旬には、補助事業者が決定。決定後、30日以内に着工。来年1/15までに、完成。

 1/30までに、工事完了報告書等の書類を提出となります。

 省エネ目標25%!の達成が目的です。

 

 次世代省エネ基準を大幅にクリアしなければ補助対象にはならないという構図です。

 以前はNEDOと言う国の機関で行われていましたが、

 

 今回は一般社団法人 環境共創イニシアチブ[SII] が窓口となります。

 補助対象の内容は色々な方法があり、全て説明は難しいので簡単に説明しますが、


 まず、省エネ25%削減に対する設備、工事費の1/3程度がなんと補助されます。


 私たちが提出した補助申請2件を例に例えると・・・・


 CCFシステム+エコキュート+省エネナビ+断熱強化という組み合わせ。

 これらの設備(部材)+施工に係る費用の、3分の1(上限なし)を補助してくれるという、

 かなり豪華な制度です。

  

 後々ゆっくりと詳しく説明していこうかと思いますが・・・

 断熱性能の高い家に 効率のよい設備 を導入すると、日本国がその工事費用の

 1/3を補助してくれるというものです。

 

 

 地球温暖化を抑制するために、一般家庭からのCO2排出を少なくすることは

 

 とても重要なことなのです。だから国が補助金を支給するのです。

 簡単に補足しますと・・・

 

 ■CCFシステム・・・床下冷暖房システムです。

             ECO、省エネ性、快適性・・・抜群です。

             地球にやさしいシステムです。

             一つのシステムで全館暖房でありながら床下全体が暖まるので

             なんと床暖房にもなり、さらには冷房も可能。。空気洗浄までついてくる。。

             理論的な快適性じゃなく、リアルな快適性を求められます。

 ■エコキュート・・・高性能エコキュートAPF(年間給湯効率)3.8をチョイス

 ■省エネナビ・・・エネルギーの消費量をデータで知らせてくれるアイテム

           これは補助申請の必須設備です。

    
           無線型の電力系会社の信頼性のある製品をチョイス!


           電気使用量、電気代等をリアルタイムで表示します。目標値が

           設定できるのでご家庭のライフスタイルにあわせて、楽しく効果的に省エネ参加。

 

 ■断熱強化・・・高性能な樹脂サッシと高気密断熱可能な現場発泡型の断熱材をチョイス!

         次世代省エネ基準・省エネルギー対策等級4より断熱強化された部分の差額が

         補助対象となります。補助も出来て省エネで住宅性能を大幅にアップしていますので

         わずかなエネルギーで冷暖房効率を高めます。CCFの魅力を更に増大させます!   

 

  他にも組み合わせはありますが私たちはこれらを組み合わせた内容で申請しました。 



 公募期間は、5/30~6/24というわずか3週間という短い期間の中でしたので、お施主様にも

 夜遅くまで何度も打合わせにご参加いただき何とかスケジュールに間に合わせてきました。

 こんなお得な制度・・・なんとかお施主様のためにと、毎夜、夜な夜なBROS弟と奮起して作業を

 こなしてきました。膨大な書類作成、スケジュール調整などなど決めることも多くあり大変です。

 我々工務店には負担が大きいのですがこれもお施主様のため・・・頑張りました。。

  

 熱負荷計算書のQ値や冷暖房負荷などの数値を見て驚く性能が出ていることにびっくりしました。。

 (米子エリア次世代省エネ基準Q値2.70に対して補助対象となる条件が

  Q値2.20以下で2.70との差額が補助対象となります。)

  ※Q値とは熱損失係数を意味します。この数値が小さければ小さいほど断熱性能が優れています。 

 

  今はただただ無事期間内に提出を終えたことでほっとしています。

  (昨日は事務所内書類が溢れ返って・・・大変なことになってました(笑))

  計画された内容がどれだけ認められるか・・・審議を待ちたいと思います。

  そして無事採択されることを祈りながら、工事についても急ピッチで準備に取り掛かります。

 

  この補助金制度・・・環境共創イニシアチブ次回開催も近いうちにあるかもしれません。

 

  我々少人数スタッフの工務店では対応できる数には限界があります。

  

  この制度はスケジュールが決まっているのでタイミングも重要です。

  

  家づくりをご検討の方で早めに相談したい方は・・・こちらまでお気軽にお問い合わせください。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

Hip Hop Dance inがいな祭り [子供・洋裁・趣味]

 BROS兄です。

 

 先々月よりHIP HOP DANCEを始めたちびギャングたち。。

 

 

 VIVIA-N先生と小学高学年、中学生のお兄ちゃんお姉ちゃんたちの指導のもと、

 

 

 それなりに形になってきているようです。

           IMG_0789.JPG

 

 まだ初めて数ヶ月ですが・・・いきなりお披露目舞台に立ちます。

 

 

 

 

 その舞台とは・・・2011がいな祭り。。

 

 

 

 がいな祭りといえば・・・金魚・・・

 

 

      悪夢・・     http://ueno-hc.blog.so-net.ne.jp/2010-05-25     

      そして悪夢・・・http://ueno-hc.blog.so-net.ne.jp/2009-08-09

      

      あまりいい思い出がありません。

 

 そんながいな祭り 7/30.31(予定)の2日間 ステージで踊るようです。

 

    初めて間もないのに・・・・大丈夫だろうか・・・ちびギャング二人でペアのようです。  

 

     曲は3曲ほど。。

 

    その練習のため・・・

 

     

      音楽プレイヤーが一つもない我が家でしたので・・・家族会議の末、購入に踏み切りました。

 

      これ!

       IMG_0785.JPG SONYのウォークマンと専用プレイヤー。

 

      そしてCD・・・

       IMG_0784.JPG

 

      安室奈美恵とZEBRAのコラボ・・・DO what U Gotta DO

 

      eLEQUTE・・・・キセキ(Greeenのカバー)

 

      AKB48・・・ビギナー

                    以上3曲を踊る予定です。

      

      7月からは通常日曜PM6-8:00+木曜6-8:00のレッスン増加で準備だそうです。

 

      

      ピティナ ピアノコンクールももうじきあります。。。

 

       

 

      ゆとり教育もなくなり、授業時間も長くなり大変だろうと思います。

 

  

      毎日忙しそうなちびギャングたち。。頑張れ!

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

NoteSlate [子供・洋裁・趣味]

 

  密かにfaceBookをしているBROS兄です。

  他CGデータなどの公開ツールとしてFlickrを準備中です。

  個人的にはfaceBookはもう一つかなと・・・

  お客様との会話ツールとしてSkypeを使用したり・・・

  情報発信としてTwitterを使用したり・・・

  最近のコミュニケーションサービスの発展はめまぐるしく進化しています。

 

  またiPadをはじめとしたモバイル系も非常に多く出回っています。

  様々なアプリを活用して楽しめる媒体ですが、我々のようなクリエイティブ系には

  メーカーのカタログデータをダウンロードして使用するくらいで・・・

  活躍の場が少ないかなと・・・感じていました。。

  

  そんな中・・・BROS兄いま欲しいと思うもの。。

 

  ・・・単純にA4サイズの紙と普段使用しているシャープペンホルダー・・・

  製図用シャープペン.jpg

  お客様との打合わせ、プランニング、計算、ディテール、スケジュール・・・

  何でも基本はこの紙とシャープペンです。そしてデジカメ。。

  

  どこいってもこれは欠かせないアイテムです。が・・・紙を保存するのが大変です。。。

 

  色々なアイデア、練っている過程など、この紙1枚1枚が後々非常に重要な価値を

  生み出すことが多々あり、メモ書きのような紙がいつも溢れてしまいます。。

 

  あまりにも机が散らかっているように見えるのでしょうか・・・弊社社長兼大蔵大臣が

  片付けてしまって大切なメモが無くなって(涙)大騒ぎしたことがあります(笑)

  私にしかわからない価値有るメモ書き・・・最近の社長。。

  私の机の上にあるものは一切触わらず・・・(笑) 話長くなりましたが、欲しいもの!

 

   これだ!

 

  NoteSlate http://www.noteslate.com/index.htm

  

  noteslate1.jpg

  以前から発売されている、手軽に書いて・・・消して・・が出来る電子ノートパッド「ブギーボード」 

  保存できたり、データ送れたり出来たらいいのにという要望をまさに叶えてくれそうな製品です。

  デザインもクリエーティブ系が好みそうなシンプルでスクエアなデザイン。

    noteslate6.jpgnoteslate2.jpgnoteslate5.jpgnoteslate3.jpgnoteslate4.jpg 

   発売元、発売時期などまだ不確定な要素が多いようですが、なんとこれで99ドルとの情報も・・・

 

  年内発売の話もありながら、日本で発売される時期などもまだ良く分かりませんが

   

  色々なものをどこでも気軽に描けて、しかも保存が出来る。。。

  

  即戦力間違いなしですね。 

  1A.jpg 11-1サークルDL.jpg15.jpg リビング.jpg

  10人10色。。。新しい出会いがあればそれだけ自分の引き出しが増えていきます。。

  最近ずっと・・・眠ってる暇ありませんが、日々楽しいです。

 

  


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

床下冷暖房システム CCFスタイル [お知らせ]

   

    BROS兄です。

    前回の引き続き・・・

   1. 初期投資が比較的安価でランニングコストが低減できるシステムであること

   2. 空気などを利用し、環境に配慮されたシステムであること

   3. メンテナンス性とか仕組みの理屈が一般の方でも分かりやすいこと

   4. 一つのシステムで冷房と暖房がまかなえること

   5. 天候などに左右されないシステムであること

   6. FC加盟費用など莫大な投資が必要でないこと

    (お客様には関係ありません。私たち小さな工務店には到底ムリなことですが・・)

   7. しいていうならローテクなシステムであること

 

    私たちが加盟導入した設備機器。

    

    床下冷暖房システム CCF STYLE 

     CCFスタイルは地球環境を保護し、快適な住まいを実現するために

     開発されたヒートポンプ式冷暖房システムです。シンプルなシステム

     構成で、安全性を高めるとともに、冷暖房+床暖房のローコスト化を

     実現、メンテナンスも容易にしました。熱源をヒートポンプにすること

     によって、地球温暖化ガス(CO)の排出も削減し、地球環境を守り

     ます。酸素クラスターを発生させる空気清浄装置を組み合わせること

     によって脱臭・殺菌も可能にします。  CCF 資料より抜粋。。

    

      もう少し具体的に説明しますと・・・

 

       室内の空気をフィルターを通してファインコイルというユニットに吸い込みます。

      吸い込んだ空気を温風(冷風)に変えて床下に送り、リビングやキッチン等の

      床下までダクトで冷温風を送り、床下全体を冷暖房すると共に床下の吹出口

      から冷温風を吹出し、居住空間を冷暖房します。

      居住空間へ吹出した空気を再びファインコイルで空気を吸込み温風(冷風)に

      変えて床下に送ります。

      CCF STYLE.jpgクリックすると拡大します。

 

      これらを繰り返して室内の空気を循環しながら少しのエネルギーで家全体を

      効率的に冷暖房するシステムです。

      全館暖房でありながら床下全体が暖まるのでなんと床暖房にもなり、さらには

      冷房も可能。。空気洗浄までついてくる。。

 

           床下冷暖房システム CCF STYLE   →詳しくはコチラ   

                                 →私たちの登録情報はコチラ

 

      床暖房・冷暖房・空気清浄機能がこのシステムだけで可能となります。       

       

      省エネ、エコでありながら、初期投資、ランニングコストも低減でき、メンテナンス性もよく

 

      理想的な設備機器。 CCF Style。。

 

      これからのUENO HOUSING PROJECTはデザインに加え、省エネルギー計画書に

      

      基づいた住宅の性能面にもこだわった家づくりをご提案していきたいと思います。

      

      HPのWORKSを一部更新しました。

       

             Cafe Styleな家   Urban Styleな家 

 

                 CCF STYLE導入予定物件です。

 

      CCFシステム設置現場の際は、現場性能見学会や完成後の体験見学会など従来の見学会とは

      少し違った見学会を計画しています。

      

      詳しくは随時HP・BLOGにてお知らせします。こうご期待!

     


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

求めていた理想の設備機器 [お知らせ]

  

  先週大切に育ててきたSweet natural HAUSのお引渡しでした。

  奥様の誕生日に引渡しという重責を無事果たせてホッとしている最中・・・

  私たちの監理ミスなどがあり、新生活開始早々に何度と無くお邪魔してしまい申し訳ない思いで

  一杯です。一日でも早く対処できるよう最善を尽くしたいと思います。

  

 

 

  さて前回の記事「省エネルギー計画」の続き・・・BROS兄です。

 

  結論として 「省エネルギー計画」を行うことが重要であるということにきずき、

  それらを知ることで必要な設備機器を導入するご提案が出来ると確信したわけですが

  その設備機器・・・沢山のシステムがあり・・・調査にかなりの時間を要しました。。。

  大雑把なところですが・・・

  ハウスメーカーで多く見かけるいわゆる床暖房(電気、温水、赤外線)・・・

  多種多様で色々と利点、欠点があります。

  どれも非常に効率的ではありますがランニングコスト、メンテナンス性ともに△。

  初期投資が比較的安価で容易に取込める半面・・・ランニングコストが気になって

  ケチケチしながら使わなければいけないのも現状。。

  足元あったかで女性や年配者、子供にもとても受け入れやすいシステムですが

  結局は暖房器具としてはエアコンなど別設備が必要。冷房もエアコンが必要。。

  

  蓄熱系暖房・・・初期投資としては比較的安価で深夜電力による蓄熱で利に適った

  システムですが・・・狭い空間ではまあまあいいのですが、少し広めのリビング、居室などでは

  ・・・暖かいとは言えませんでした。個人差がありますが・・・

  こちらもエアコンなどの別暖房機器、夏はもちろん別のエアコンが必要です。

  

  そのほかOMソーラーシステム、地中熱システム・・・・

  どれも建物の上から下からとエネルギー効率と空気の流れを利用したシステムですが

  システムが大掛かり過ぎます。。

  FC加盟費用などその時点で工務店の負担が大きいです。→お客様に還元できません。。

  大学のご教授さんが考案した非常に理論的で大掛かりな費用をかけたシステムですが、

  その割りに・・・リアルな体感ではないような・・・

  結局これも大掛かりな割には冷暖房エアコンなどの補助的機器が必要です。

 

  他昔ならではの風の通り、日射の遮り・・・打ち水とか土間の風合いとか心地よい空間。。

  なども行き着くと考えましたがやはり現代の快適性には変えがたいかなと・・・ 

  

  どのシステムを選ぶかはそれぞれ感じ方など個人差があるので

  決してそれがダメとかではないのですが一般のお客様目線で理想だけを

  求めると以下のような設備機器が欲しいと思っていました。。

 

   1. 初期投資が比較的安価でランニングコストが低減できるシステムであること

   2. 空気などを利用し、環境に配慮されたシステムであること

   3. メンテナンス性とか仕組みの理屈が一般の方でも分かりやすいこと

   4. 一つのシステムで冷房と暖房がまかなえること

   5. 天候などに左右されないシステムであること

   6. FC加盟費用など莫大な投資が必要でないこと

    (お客様には関係ありません。私たち小さな工務店には到底ムリなことですが・・)

   7. しいていうならローテクなシステムであること

 

   そんな中、一つのシステムに出会いました。

   

   実際の導入された現場を見せてもらい、お施主様の生の声を聞き、そして自分自身で

   体感し、理屈、理論を理解出来、なによりも私たちが求めている設備機器であったこと。。

   

 

   BROS弟と直感で・・・これだ。。と思ったシステム。

 

   長くなりそうですので次回ご紹介します。

 

   -------------------------- 

   先日・・・2箇所で地縄張り。。

    

    IMG_0691.JPG 

    IMG_0685.JPG 

    

    2棟ともに新戦力導入予定物件です。 準備整い次第・・・着手です。

    

    他計画1・・・着々と進んでいます。 

    おかげさまで毎日バタバタですが・・・少しづつご紹介できればと思います。   


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

省エネルギー計画 [お知らせ]

 

  2011の取り組み・・・BROS兄です。。

 

  2009.2010とテーマを掲げながら色々なことにチャレンジしてきたわけですが

  この2年間・・・この山陰の気候をあらめて肌で感じて思ったこと。。

  夏暑い、冬寒い。。。

 

  これからの温熱環境についてもっと踏み込んだご提案をしていかなければと

  感じていました。

 

  次世代省エネ基準をクリアし、そこそこの性能をもった冷暖房を

  設置すれば良いということだけでよいのかという疑問符から始まりました。

  

  まず断熱。。

  木造住宅の方法として、大まかに充填断熱、外張り断熱がありますが

  ほとんどの住宅が充填断熱でその種類も多種にわたります。

  もっとも多いのがグラスウール、ロックウ-ルなどの繊維系の断熱材です。

  そのほかプラスチック系、セルローズファイバー、発泡ウレタン系の断熱材も普及して

  きています。ハウスメーカーやFCフランチャイズ(トステムSWなど)のパネル工法も

  基本的には充填断熱された工法が主流です。

  また外張り断熱は一時期ほどのブームはなくなりましたがグレードの高い工法という

  位置づけで普及が進んでいるようです。  詳しく話すとひじょーに長くなるので割愛します。。

   どの方法も利点欠点がありますが昔に比べて非常に多くの選択肢があるので

  どの方法を選べばよいのか?など気になる点だと思います。

  家の性能は昔の作りに比べて格段と性能が向上しています。

  どの方法を選択しようが、きちんとした知識できちんとした施工を行えば快適性は

  十分確保できるのがいまの家なのです。

  

  けっして今、ご提案してきたことは不満足な性能というわけではないのですが、

  もっと家のメカニズムを理解し、格段に性能が上がっている資材などを上手に使いこなし、

  より快適な住生活環境をご提案できないか?と考えたわけです。。。

 

  そこで家の性能について片っ端から資料請求したり、セミナー書籍など・・

  色々と体感しに行ったり・・・

  調査したりしてきたわけですが。。

 

   <結論>

  サッシの種類、ガラスの種類・寸法、断熱材の種類・厚みなど、

  住宅の温熱環境における詳細情報をもとに、コストと性能、バランスの取れた

  「省エネルギー計画」を行うことが重要であるということにきずきました。

  そして「省エネルギー報告書」によって、正確な「省エネルギー性能(断熱性能)」を

  知ることで必要な設備機器を導入するご提案が出来ると確信しました。。

 

  次にその計画書に基づいて設置する設備機器について調査していったわけですが・・・

 

           床暖房(電気、温水、赤外線)、蓄熱系暖房、撒きストーブ系・・・

         ソーラーシステム、地中熱システム・・・・どれも利にかなった機器やシステム

         ですが・・・満足いきませんでした。

 

       つづきは次回。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

HOME BOOK [HOUSE]

 

  BROS兄です。

  長い年月が経つにつれ、家はメンテナンスをしなければなりません。

  特にキッチン、洗面、トイレなど毎日使用する水栓パッキンなどは、

  最新のメーカー機器であっても消耗品という位置づけに変わりありません。

  水漏れなど緊急を要する時にいつも迅速に対応してくれる当社の協力業者さまには

  いつも感謝です。本日も築うん十年のOB宅様のキッチン水栓からの少々厄介な水漏れ事態に

  即座に別現場から人員を要請していただき素早く対処していただきました。 

  

  普段とおりの対応・・・というかいつも通りの対応なんですが・・・いまBROS二人が

  時間刻みでスケジュールを組んでいる中での対処だったので非常に助かっています。。

  いつもありがとー!

 

 

  さて本日は新築工事ご計画中のお客様とのお打合わせのあと、敷地調査をしに

  

  島根県の外れ・・・斐川まで足を運びました。。鳥取県米子市から車(無料高速)で

  所要1時間弱のところです。

  

  現在は米子在住の方ですが、見学会など多数見られた中から我々にご指名いただきました。

  

  少し距離はありますが施工対応ができる範囲ぎりぎりの距離かなと・・・

 

 

   偶然ですがもう一件島根県にも計画があるので今後島根ネタが増えるかもしれません(笑)

 

   

   注)島根県は鳥取県のお隣です。。東側が鳥取で西側が島根です。

   IMG_0723.JPGIMG_0724.JPG

 

   帰りに山陰道の宍道湖付近の休憩場でアイスを買って一人で食べたりなんかしちゃいました。

 

   Sweet Natural HAUSのお施主様からも最初の打合わせ時に渡していただいた

   一冊のノート。。 好きなインテリアイメージなど雑誌の切り抜きを貼られたノート。。

   本日も同じように一冊のバインダーを手渡されました。

 

   IMG_0661.JPG 

 

   中には理想とする内観、外観のイメージや家具、照明器具、雑貨などが

   ぎっしりと貼られていました。

 

   目を輝かせながら説明をしていただき、家づくりへの思いがひしひしと伝わりました。。

 

 

   そんな思いを全身で受け止めたいと思います。。

 

   って昨日はAM4時・・・あ・・・もうAM2時。。。そろそろ徹夜が体にこたえる歳ですが・・

   ワクワクしすぎで眠れない日が続きそうです。。(笑)

 

   そんな家づくりの熱意をもった方  漠然としたイメージをお持ちの方

   ご相談・お問合せはコチラまで  →  PROJECTロゴ.jpg

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。