So-net無料ブログ作成
検索選択

ホームページ開設 [お知らせ]

ホームページを開設しました。

費用・維持費・・・0円。自分たちで作りました。

まだYAHOOなどでは検索しても表示されませんが、BlogのLINKより閲覧可能です。

まだまだ未完成なところが多いのですが、私たちの考えていることを

少しでもお伝えできればと思います。ご興味ある方はご覧ください。

内容はこれから追加・改廃していく予定ですのでちょくちょく覗いてください。

ホームページは非常に重要な宣伝広告の役割を果たします。

人件費・固定費を削減していくことは、我々UENO BROSの責務です。

ハウスメーカーや、展示場を持ち、そして従業員を多く抱える建設業者さんや工務店さんと違い、

圧倒的な諸費用の違いがあります。従業員+展示場=会社の固定費がお客様にのしかかります。

私たちはそのようなことにお金をかける事はせず、別の形でサービスしていきたいと思います。

今後のUENO BROSにご期待ください。

ちなみにホームページは、2部門で構成されております。

1つは、正式ホームページ

2つめは、リフォーム専用サイトです。取り急ぎ作ったという内容ですが、閲覧いただけると幸いです。

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ホームページもうじき [お知らせ]

 3月終わりというのに、急に寒くなりました。

冬寒く・・・夏暑い・・・

この事務所を遮熱フィルム(サッシ)+天井撤去(鉄骨表し)+床杉板足場仕上げ

+断熱+壁天井ホワイトペンキ仕上げなどなど事務所を大改装したい・・・

と想うだけのBROS兄です。

事務所改装イメージ.jpg事務所改イメージ(大阪の某お店)netから拝借

古い素材を良き雰囲気の素材とをmixさせるリノベーション・コンバージョンなども検討中。

 

ご相談の際は、このようなイメージ写真などお持ちいただくと話しがスムーズに進みます。

 

 

さてさてホームページですが、今年よりぼちぼち制作検討に入り、まず

誰かに頼むか・・・から悩みました。

 

誰かに頼むとはいえ誰に・・・Bros兄の前職場の広告宣伝担当に業者を紹介してもらう?クリエーターはうじゃうじゃいるが・・・やっぱ米子の制作会社333inとか?トステムとかの関連会社?・・・日建学院、プリンター屋さんの紹介?・・・

じゃあどんなHpにする?

会社の経歴は紹介する?沢山建てた家あるけど紹介する?やりたいことやろうとしてること紹介する?リフォームって大事だよね。ブツブツ・・・・(全て独り言です)

てなことを考えてたら・・・あららもう3月。

 

しゃーないから自分たちで作るか・・・予算もないし・・・というわけで自社制作することに・・・

しかしプログラムとか組むの大変だし・・・・・ということでこれ

 

 

BIND for WebLife3   というソフト。

 

以前から気になっていたソフト。

これなら簡単だし。。初期投資安いし・・・きれいなHP作れるし・・・

しかし2年後とか毎月お金かかるようです。サーバー代。。なんだかんだで、乗り切れず・・・

・・・・

・・

 

BROS弟がこれでいいやん。といいだした無料のHP制作サイト。

 

デザイン性に欠けるような・・・なんかちゃっちいし・・・カスタマイズ性があまりないし・・・

 

しかし検討ばかりじゃ始まらないし・・・とりあえず作ってみることに・・・

 

が、

 

とりあえずのつもりが・・・おおむね作ってしまったので・・・近いうち公開します。

内容はあまりたいしたことありませんが、

自分たちを知ってもらえればというとこから始めようかと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

春一番こんさーと・最近のちびギャング [子供・洋裁・趣味]

本日米子市文化ホール メインホールにて

勝田町一番地寄合楽団による春一番こんさーとが開催され、

家族で見に行ってきたBROS兄です。いわゆる吹奏楽団による演奏です。

IMG_0533.JPG下の子は妻新作の服を着てご機嫌でしたが・・・前髪も少し揃えてもらい(笑)

終わりごろは大また開いて寝てました(笑)

妻のBlogはコチラ・・・

http://lalala-lantana.blog.so-net.ne.jp/2010-03-13 

演奏は第一部・二部・三部とあり、二部には米子市出身の安部可菜子さんを

ピアノ独奏に迎え、ラフマニノフ作曲ピアノ協奏曲第二番ハ短調を演奏されました。

第一部・・・指揮者の躍動感溢れる演奏。感動しました。

IMG_0536.JPG指揮者の人 すごい

第二部・・・ピアノの本物の素晴らしさを体感。感動。

IMG_0537.JPG安部可菜子さんすごい

第三部・・・下の子が寝てしまったので・・・途中退席。 

大また開いてガッツりと演奏聴きながら寝てましたzzz(笑)

BROS兄も高校時代何度かこのホールで演奏しました(高校BANDですが)

しかし今日の演奏、オーケストラではなく吹奏楽団なのに、すごいの一言です。

やっぱ本物は違います。(音楽家というかたたちの演奏はすごいです)

 

--------------ちびギャングの最近------------

 ちびギャング下の子の最近。。

相変わらず面白すぎるんです。

最近良く見てるビデオ・・・1732.jpg宮崎駿監督の 「もののけ姫」

 

おそらくこの映画の戦ってるシーンをまねたんだろう。

image.jpg

 

 

これです。

IMG_0107.JPGもののけ姫になりきってます。

IMG_0108.JPG剣を腰に入れ。

IMG_0109-2.JPG鬼の仮面?になにやら帽子のようなものをつけ・・・山犬の毛をまねたんでしょう。

首にはアクセサリー風なものをつけて・・・映画みられた方なら想像つくと思います。

IMG_0111.JPG

 

もののけ姫だそうです(笑)

ツッコミコメントお待ちしております(笑)

 


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

アパート20年長期借り上って? [業界情報]


昨年の夏。長期一括借り上げのことに興味があり、不動産屋ののりさんとセミナーに出てきましたが
なんとも腑に落ちない・・・20年.30年...一括借り上げ。。

ずばり「うまい話は無い!」

20年とか30年とかの一括借り上げシステム(長期の家賃保証)を利用したアパートマンション
このあたりでもちょちょいと見受けられるようですが・・・
説明を聞けば、20年や30年間をメーカーで家賃を保証するので、大家さんは安心して不動産経営ができます。
というようなもの。 しかし、ちょっとまったー。

そんなおいしい一括借り上げなんてうまい話があるわけないんです。
これは実態の無い無責任な仕組みだと思っています。

30年同じ家賃で保証してくれる???そんなわけは無いです。
必ず数年毎に保証額の見直しがあります。
例えば、保証が家賃の85%としましょう。
最初は新築で7万円×20戸=140万円ならその85%である119万円分の保証額となり、
満室でも空室でも変わりなく119万円が大家さんに支払われます。
しかし、10年後も119万円保証してくれるというと、そうではありません。
10年後には家賃設定を5万円にされるとしましょう。この家賃の決定権は大家さんにはありません。
保証会社に決定権があるので従わざるを得ません。
5万円×20戸=100万円でその85%である85万円が保証額となります。
なんと、10年後に大家さんの収入は月34万円も減ってしまっています。
では保証会社の儲けは?(※満室の場合)
新築の場合は140万円-119万円=21万円の儲け。
10年後の場合は100万円-85万円=15万円の儲け。
大家さんは34万円も減っているのに、保証会社はたった6万円しか減っていません。
家賃さえ下げれば空いているマンションが楽に満室にできます。
つまり、家賃保証といっても家賃設定の見直しがある限り保証会社は絶対に損をしないようになっているのです。
泣くのは大家さんだけ。不動産賃貸経営にリスクは必ず伴います。

安易に30年一括借り上げシステムを選ぶと、上記のような目にあいます。

「お客様を煩わすことはありません」「お客様は黙っていても家賃収入が入ってきます」

そんなわけはありません。融資という多額の借金を抱えるのは大家さん自身です。
そもそも30年一括借り上げなんて何の歴史も実績も無いシステムなのです。
ましてや木造でも30年なんて現実離れした虚言にすら覚えます。
そりゃあ30年長期返済であれば理論上は収支もよくなるでしょうけど。

いま、賃貸物件を扱う大手メーカーは飽和状態のマンション業界の中で、言葉巧みに不動産経営を勧めてきます。
建てないと潰れるからです。収支シミュレーションなんて机上の計算でどのようにもなってしまうので、
あたかも大きな家賃収入がずっと入ってくるように大家さんを説得するのです。ターゲットとしているのは、
今まで土地は持ってるけど不動産経営に興味の無かった方々です。勉強をしていないだけに、
説得しやすいのだと思います。賃貸経営を考えている方はよく勉強して、安易に家賃保証を選ばないことです。

ちゃんと満室になるであろう賃貸物件を計画してください。

満室になれば保証会社に15%の保証料をあげることはないのです。どうせ保証してくれるのだからと
業者任せにすると失敗してしまうのです。

不動産経営は立派なビジネス。努力をしなければ成功はありません。
そして、自分の判断で長期保証を選んだ方が得策と思えばそれでいいと思うのです。
※長期借り上げを全否定しているのではなく、そのあたりをよく検討して自己責任で決定してくださいということです。
ちなみにリフォーム会社や不動産屋さんを代理店的な契約を組み(契約金はウン百万円)
回収するのに必死で説明するでしょうし、チラシにも大大アピールするでしょう。大家さんを集めた合同セミナーなんてものやるでしょう。。
リスク軽減できる方法は他にもあるでしょう。。。世の中そんなにおいしい話ってあるわけないと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

親子サッカー [子供・洋裁・趣味]

先週の日曜日、ちびギャング長男所属のサッカースポーツ少年団の保護者参加の親子サッカーがあり、参加してきましたBROS兄です。

試合は一丁前に弟にシューズを借りて試合に出ました。

IMG_0521.JPG

子供にかっこイーとこ見せようと20分×3本(各休憩20分) 張り切って参加しました。

試合は卒業していく6年生を中心としたメンバーが相手でした。

(お母さんたちは、低学年と試合でした)

IMG_0519.JPG画像はお母さんたちと低学年の試合の模様

お父さんは全員で7名。結果は引き分け?のようでしたが・・・

さすがに運動不足。。BROS兄は5.6回足がついてこずに転倒しました。

まさに運動会のリレーでよくお父さんが転ぶ姿と同じ状態。。(想像つきます?)

ボールは思ったほど飛ばないし、凄く長い距離をドリブルしたつもりが、全然前に進んでないし・・・

笑いしか出ません(笑)

IMG_0520.JPG

打ち上げにも参加して楽しい時間をすごしました。

案の定、翌日から筋肉痛。。3日後にようやく復調の兆しです。

参加されたお父さん方。またやりましょう!


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

照明計画 [業界情報]

照明計画ってほんと毎回苦戦します。

今回は住宅の照明計画の基本をご紹介。(まだまだ勉強が足りませんが・・・・)

照明には大きく分けると蛍光灯と白熱灯があります。(それくらい知ってますね、失礼・・・。)

蛍光灯は寿命が長く、電気代も安くすみます。また、均一な光量を得ることができます。
※メインで使う蛍光灯はチラツキが少ないインバーター式がお勧め。
弱点は器具代が少し高くつくのと、暖かみが乏しいところなどです。

白熱灯は暖かみがあり、落ち着きを与えます。料理も美味しく見えるとのこと。
弱点は寿命が短く、電気代がかかる、まぶしいなどです。


どちらが住宅に合っているかというと、人間工学的には、白熱灯の光が良いようです。

住まいはくつろぐ場所ですから、暖かみがあり陰影がある光の方がいいです。


また、蛍光灯にも昼光色や昼白色、電球色とありますが、蛍光灯でも電球色を採用すれば白熱灯と同じように落ち着く雰囲気になります。

白い光の蛍光色は職場などのオフィスワークに向いているので、蛍光色の空間は落ち着かず住宅にはあまり向いていません。何か理由が無い限りは白熱灯もしくは蛍光灯の電球色を主体とした照明計画が良いでしょう。


ダウンライトにも蛍光灯(パルックボールなど)が使えるタイプがあります。ダウンライトの場合は蛍光灯と白熱灯はそれぞれ一長一短あります。

基本的には寿命の長い蛍光灯の電球色タイプがいいとは思うのですが、器具代が高くつくのと、点灯直後は暗い、ダウンライトが大きくて少し見た目が悪いという欠点もあります。

一方、白熱灯タイプのダウンライトには様々な種類があります。ハロゲン電球など1個で2000円を超えるものもありますので、基本的にはミニクリプトン球のタイプが住宅には良いでしょう。
金額は高くなりますが、ダウンライトに調光器をつけることによって、空間の明るさを自由にコントロールできるとともに、電球自体の寿命を長くすることもできます。


ところで、デザインにこだわる設計者ほど照明に演出性を重視するので、暗めの空間になることがあります。実際にそこで施主と設計者の意思疎通がうまくいっていなかったために、完成後に照明の増設工事をしなければならなくなった事例も聞いたことがあります。よくあるパターンがリビングをダウンライトだけとか、間接照明だけで終わらせる場合です。見た目は非常にかっこいいのですがダウンライトや間接照明だけでリビングに十分な照度を確保するには相当な照明の数がいるので、照度と電球代のことも考えたうえで採用することが重要です。

実は私もどちらかというと明るすぎる照明はあまり好きではありませんが、照明計画で暗いということは無いようにしています。それでもまぶしいくらいの照明が普通と思われている方もいらっしゃいます。そのため、ライティングダクトなどを設けて、暗い場合は簡単に付け加えることが出来るようにしています。明るさの感じ方は人それぞれで、打ち合わせでは完璧に理解し合うことは難しいですから。


照明計画で居住空間の雰囲気は大きく変わります。比例して照明計画で工事金額も大きく変わります。こだわれば幾らでもお金がかかってしまうのが照明ですから、どのあたりでうまくコストパフォーマンスに優れた照明計画にするかは設計者の力量に問われます。

■事務所兼、洋間として使用する場合の照明計画

 ダウンライト白熱灯・・・落ち着いた雰囲気になります。調光器をつければ◎ですが、電気代がやや増大します。

 シーリングタイプ 蛍光色・・・一般の家でよく見かける色目ですが、事務所などには適しています。が、少し冷たい感じがします。

18洋7.jpg
ダウンライト白熱灯 調光器 

蛍光灯.jpgシーリング スリムタイプ 蛍光色

結局、家に居る時間の大半は照明を使う夜間だと思いますので、照明計画で妥協しすぎないのも大事だと思います。新築の住宅で引っ掛けシーリングだけ付けといて終りは寂しいですよね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

CG [業界情報]

計画中の住宅を表現する方法として、図面、模型パース、モノサンプルなどがあります。
BROS兄の当時大学生の頃、すでにCGを多様している人が何名かいましたが、私は、
模型とエアブラシ(図面に色を吹きつける)くらいまでしかTRYできませんでした。工具は一式いまでも大切に保管してあります。
ちなみにBROS弟は、大学時に既にCGを使用しており、3次元CADに何も抵抗感なく取り入れてます。(凄)

さてその方法の一例、CGですが模型などと比べ外観のイメージを認識するには一番のツールです。
特に複雑なカタチであれば、遥かにイメージがしやすいと思います。
CGの外観パースは模型と違い色や質感も含めた検討ができます。
ただし、模型ほどはカタチの感覚がつかみにくいかもしれません。
それでも、色や質感を表現できるのは、建物完成後のイメージをしやすいので非常に便利なツールだと思います。

9ヶ月ほど前、初めてCGで外観・・そして内観パースをつくりました。
正直、それを久しぶりに見て驚きました。あまりのクオリティーの低さに・・・唖然。。
今でも質は低いのですが、一応実用的に使えるレベルになったのでしょうか・・・???
空間の感じを伝えることはできるようになったと思います。
ハイスペックPCの効果が、何倍ものレベルUPに寄与してくれています。フルHD画面も・・・
これ以上の質を求め、最近はCGに素材生データ画像を取り込み、ライティング補正を行うなど
応用編にもTRYしつつあります。

UENO BROSは、デザインすることが大好きで、今後デザインを中心としたことにもっともっと磨きをかけて取り組んでいきたいと考えています。
そのデザインする方法は人それぞれやり方が違うと思います。

模型から・・・・手書きのパースから・・・立面図から・・・CGパースでデザインを決める人。
経験から頭の中だけでデザインを決める人。などなど。

BROS兄の基本は手書きのラフスケッチを書きながらデザインを決めていくのが基本です。
ただし、最初からデザインを決めることはほとんど無く、プランニングをしながら徐々に決めて行きます。機能からデザインを決めるというのが根本にありますから。
そして、ラフスケッチをしながら決めた頭の中にある基本デザインを確認する作業に、CGパースを使います。

しかし、CGパースの感覚と現実に出来上がるモノにはやはり誤差があります。
そこをどうするか・・・空間の想像力を鍛え、現実のモノを多く体験して自分の感覚に置き換えていくしかないと思います。
また、お客様に対してもCGパースは変なイメージを植え付けることもあるので、CGを利用するか否かのは、判断が難しいところです。


それでも、検討するツール、お客様にプレゼンするツールとしてCGパースが自分の中で実用的になってきたことは嬉しいことだと思っています。
今、そして毎回ですが、苦戦している照明計画・・・次回書きます。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

エコポイント対象工事紹介、ハウジングNews vol.3配布  [お知らせ]

3/8より住宅版エコポイントの申請が開始されました。

対象工事の代理申請を本日行ってきました。書類の準備は簡単でした。

予算1000億円が無くなり次第終了ということですので、エコポイントを利用してリフォームをお考えの方は、早めに行うことをお勧めします。 

エコポイント申請の対象工事の事例を1件、ご紹介します。

内容は、掃き出し窓 2枚引き分け(欄間付)のガラスをペアガラスへ交換

IMG_0311.JPG

当時ガラス腰下部分は、近所さんとの視界を意識し見えにくくしていましたが、

現在その役割は不要。。思い切って中帯を取り外すことを提案。。 

IMG_0474.JPG

欄間部分の一部にエアコンのダクトがあり、サッシが外せない箇所もありましたが、

IMG_0475.JPG

無事全てのガラスを交換。。

当時の建物に非常に多いリビング窓の構成ですが、

この窓ガラスの交換でエコポイントで7000ポイント×4 2000ポイント×4

計36000ポイントも、もらえます。 お得っーーーー。

 

正直、市場の状況は内窓付けるよりこのガラス交換の方が多く出回っています。

内窓を付けると障子、カーテン(カーテンレール)、ブラインドなどを変える必要が出たり、

室内側の空間が若干狭くなったり、窓を開け閉めが内外2回の動作が必要になったり、

窓廻りの枠形状、クリアランス、傾きなどの状況により付帯工事が発生したり・・・

特に昔の家はペアガラスではないお宅が多いので、大体のケースで付帯工事が発生します。

内窓の方が性能レベルがよりUPしますが、アタッチメント付のガラス交換も性能レベルはなかなかのものです。

窓の方角、部屋の使用用途によってガラスの性能を使い分けることも重要です。

UENO BROSは様々なケースの窓を見てきて交換等行ってますので、お客様の用途要望にあった最善策をその場でご提案できます。

 

ハウジングニュースVOL.3の配布を順次開始しますのでその際にご相談いただいても結構ですが、

エコポイント申請は早いもの勝ちということなので、先に内容を詳しく知りたい方や、見積もり金額を知りたい方などいらっしゃいましたら、何なりとご相談ください。

なんせハウジングニュースは1件づつ手配りなので全エリアへの配布は非常に時間を要します。。

IMG_0489.JPG

エコポイント国交、経済、環境省の正式HPはこちら・・・

http://jutaku.eco-points.jp/point/reform.html

 

申請後の続き・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

中古 狭小住宅 リノベーション 内観 [リノベーション]

狭小住宅のリノベーション

まずは1F。

 Qperコピー出力ファイル.jpg

寝室・ホール階段

ホール階段は吹き抜けになっており、太陽の明かりが天窓を通じてさしこみます。 

21FROOM.jpg3.jpg

次に2F。 

2.jpg

子供部屋・多目的ホール 

1CHILD1.jpgROOM1.jpg

 

リビング・ダイニングスペース

LD2.jpgldk1.jpg

無題.jpg1F玄関・階段スペース

狭小住宅は、採光、通風計画が非常に重要な要素となります。

中古狭小物件をリノベ計画の方、既存物件の診断~リノベーション計画まで

何なりとご相談ください。不動産をお探しの方もお気軽にご相談ください。

 


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

中古 狭小住宅 リノベーション 間取り [リノベーション]

築34年 中古 一戸建て住宅  狭小敷地住宅。

首都、近畿圏ではよく見かける住宅ですが、米子市の駅近郊にも、まだまだ多く見られます。

 

平屋住宅に続き、狭小住宅のリノベーションにもTRYしていきたいと思い、

いつもの通り、不動産屋さんの、mr.のりさんに物件をご紹介していただき、早速TRY!

 

本物件は狭小間口に奥行きは超ロングの細長狭小物件。

 

道路に面した1階と2階の半分は車庫と事務所等の店舗。階段は2箇所あり、

玄関は1箇所。現状平面図はこんな感じ。風呂トイレは離れた箇所にあり、

左右の隣家に隣接し明かりが入りにくい物件。

現状平面図003.jpg

さてどうする・・・。家族構成などが明確に無いと、余りに余ってしょうがないくらい広い。。

 

数プランのうちのひとつをご紹介。 

 

玄関、水廻り位置をなるべく固定とし、主要構造体を生かした間取りを考えました。

 

1Fは、寝室、客間、浴室洗面トイレという配置。

2FをLDK、子供部屋という間取りとし、中央へ多目的に利用できるルームを設け、

LDK以外の家族の第2の空間を設けた。

階段2箇所は既存位置を生かし、一部吹き抜けとした配置とし明かりをホールへ取り込むような

方法とした。

 

                     2F      1F

現状平面図003.jpg   2.jpgQperコピー出力ファイル.jpg

 

 

外観は、スタイリッシュモダンな感じ。

隣家の雰囲気を無視して目立ち度120%ながら道路境界側なので視線を遮る配慮。

外観はこんな感じ・・・

外観3.jpg

 

 

外観2.jpg

 

夜の雰囲気出るようグレーチングをバルコニー部へも設けました。

 

 beetle.jpg

白いBeetleが似合います。  内観は次回。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

リノベーション提案書<C邸> [リノベーション]

築40年の平屋建てリノベーション。平面計画を3タイプ提出済み。

その後、プラン計画書等の準備がほぼ整いました。

耐震診断書、補強案・省エネ計画・見積もり書・エコポイント取得表・減税計画・VE計画・・・・他

各資材サンプルカタログ等・・・ダンボール数個分。

 

提案書など・・・A3カラー出力16枚。

30ページくらいあったものを選別して、今回は16枚です。なんとか絞りました(汗)

teian1.jpgteian2.jpg

他図面類。。

まだ第一回目提案段階ですが、要望以上の引き出しを出してあげれるよう提案の幅を広げていければと思います。

事務所でじっくり打ち合わせできればこんなに資料は不要ですが、お施主様は、お忙しい方なのでなかなか時間が取れないので少し困りますが。。。

平屋建てのリノベーションとはいえ、UENO BROSは、最低でもこのくらい準備します。

が、あまり選択肢を多くしすぎるのも混乱を招く結果となってしまうので、難しいところです。

新築の場合、土地計画が絡みますので、この3,4倍の提案内容となります。

希望・要望があればそれ以上を引き出してあげればよいので、楽な面が多いのですが、

オマカセ!というのが一番つらいとこです。図面も沢山いりますし・・・はぁー。。。

-------------------

10日ほど前に累計20,000件を突破していました。

本当に沢山の方々にBlogを見ていただき感謝です。

累計20000.jpg

今後も工務店再建に向け、初心忘れずがんばりたいと思います。   


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

一眼レフカメラを使いこなそう! [子供・洋裁・趣味]

先代の社長愛用のカメラ

当時のアナログ一眼レフ、キャノンKiss

IMG_0464.JPG

オート撮影、パノラマ撮影機能付カメラには、シグマの標準レンズ、広角レンズ、望遠レンズが

装備されている。

IMG_0466.JPG

普段ミニデジカメしか使用していないが、そろそろ建築撮影できるよう準備を進めようと思います。

が、アナログだとうまく撮れているか確認することができず・・・デジタルが欲しい。。。

ということでまずはカメラ屋さんのところに行って、アナログカメラの電池とフィルムを購入。

ついでに今のレンズ類がそのままデジカメに買い換えたときに使用可能可否についても確認。

結果、作動性、問題なし。

最新のキャノンKiss x4も可能とのこと。。動画はいらないし、、型落ちのx2とかx3でも良いかなと・・・

しかしその前にアナログで腕を上げなければデジカメの良さも分からないだろうということで、まずはアナログを使用してみることにします。

撮影状況はまたご紹介します。カメラ屋さん曰く、所有の広角レンズはかなり高価なものだとのこと。。

使いこなせるか・・・・時間見つけてはカメラいじりに励みたいと思います。

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。